エステ家のタロット/

シャルル6世のタロットと言われたタロット/called “Charles VI’s Tarots”on a misinterpretation

誤って「シャルル6世もしくは、チャールズVI世のタロット」と呼ばれていた時期があります。
チャールズVIの1392年の出納帳に、芸術家ジャックミン・グランゴヌール対する金彩色のカラフルで美しいカードについて支払いがあったことが明記されていますが、そのタロットが現存しているものの中にあるのかどうか、今となっては定義することは難しいとされています。
発祥は、1475年から1500年の北イタリア、絵柄のスタイルから、フェラーラおよびボローニャ地のものであろうことが提唱されています。

イタリアのLo Scarabeo社は、これら17枚の札がフェラーラ公爵ボルゾ・デ・エステのために作られたものである可能性を指摘しつつ、残りの51枚を補う形で「ゴールデン・タロット・オヴ・ルネッサンス」という中世期のタロットの復刻版として、78枚のタロットデッキを量産しています。

復刻版はこちら☆彡

エステ家のタロット/” に対して2件のコメントがあります。

  1. nixay gnetna より:

    VALET D’EPEEはロスカラベオ版は絵柄が違うのですね。オリジナルの方が私は好きです。

  2. 管理人 より:

    nixay gnetnaさん、いつもありがとうございます☆彡
    nixay gnetnaさんは、いつかナポレオンのタロットの全画像を、お送りくださいましたね、そちらも、この美術館に展示させていただいてよろしいでしょうか? メイカーさんの許可取得済みです。twitterのアカウントは閉鎖されたのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です